03-5206-3405

養育費はいつまで支払うべきか

  1. 浦本法律事務所 >
  2. 離婚・男女問題に関する記事一覧 >
  3. 養育費はいつまで支払うべきか

養育費はいつまで支払うべきか

離婚する夫婦に未成熟の子ども(未成熟児。すなわち、身体的、精神的、経済的に成熟化の過程にあるため就労が期待できず、第三者による扶養を受ける必要がある子どものこと)がいる場合、その子どもと離れて暮らす親は養育費を支払う必要があります。

養育費の額や支払方法、支払期間・時期などは、まず夫婦の話し合いで決めます。それぞれの経済力に応じて、今後の収入の見通しも検討しながら、分担額を決めていきましょう。夫婦の話し合いで決めることができない場合は、家庭裁判所に調停、審判を申し立てることができます。養育費に限らず、離婚調停の申し立てに伴って離婚後の養育費についても話し合いたい場合は、夫婦関係調整(離婚)調停、別居中の夫婦の生活費についても話し合いたい場合は、婚姻費用分担請求調停を利用することができます。

養育費はいつまで支払うべきでしょうか。最近の主流は、養育費の支払い義務を「子どもが成年(20歳)に達する月まで」としていますが、近年は高校卒業後、すぐに就職せず、四年制大学や短大、専門学校に進学する割合が高くなってきています。親の資力や学歴、社会的地位等から判断して大学卒業以上の高等教育を受ける家庭環境であると判断される場合は、大学卒業時の満22歳に達する月までの養育費の支払い義務を認めた判例もあります(大阪高決平成2年8月7日家月43巻1号119頁、福岡高決昭和47年2月10日判時660号60頁等)。

近年の民法改正により、2022年4月1日から成年年齢は18歳に引き下げられることになります。養育費の取り決めで「子どもが成年に達する月まで」とされていた場合、途中でこのような民法改正により成年年齢が引き下げられたとしても、取り決めがされた時点で成年年齢が20歳であれば、従前どおり20歳まで養育費の支払いを求めることができます(参考:法務省「成年年齢の引下げに伴う養育費の取決めへの影響について」)。養育費の支払期間について互いの認識に差異がある場合はトラブルの原因になりかねないので、養育費の取り決めを行う際は、「子どもが20歳に達する月まで」や「〇年〇月まで」のように支払期間の終期を明確に定めるようにしましょう。

弁護士浦本与史学(浦本法律事務所)は、新宿区、文京区、世田谷区、千代田区を中心に都内における離婚・男女問題に関するご相談を承ります。ご相談者様との信頼関係や共感を重視し、ご依頼者様の希望にかなった解決が図れるようしっかりサポートいたします。離婚・男女問題でお困りの際は、当職までご相談ください。

浦本法律事務所が提供する基礎知識

  • 絶縁した兄弟との遺産相続

    絶縁した兄弟との遺産相続

    何かのきっかけで兄弟姉妹と絶縁した場合、その兄弟姉妹との遺産相続はどのように進めたらよいのでしょうか...

  • 相続人の範囲

    相続人の範囲

    法定相続人の範囲は、被相続人に配偶者がいたケースといなかったケースで場合分けするとわかりやすいです。 ...

  • 遺産分割協議

    遺産分割協議

    遺産分割協議とは、遺産相続が起こった際に、遺産をどのように分配するかについて相続人全員で話し合いを行う...

  • 不倫相手を妊娠させてしまった場合

    不倫相手を妊娠させてし...

    ■不倫相手の妊娠が分かった 不倫相手である女性から、妊娠していることを告げられた場合、どのように対応す...

  • 相続財産の評価方法

    相続財産の評価方法

    相続財産が発生した際、非常に大切なことは「相続財産を評価すること」です。 なぜなら、相続の際には、相続...

  • 遺産トラブルに関する相談を弁護士に依頼するメリット

    遺産トラブルに関する相...

    遺産トラブルに関する相談を弁護士に相談するメリットは大きいといえます。以下、メリットの一例をご紹介しま...

  • 不倫相手との子どもを妊娠した場合

    不倫相手との子どもを妊...

    ■不倫相手との間の子どもを妊娠してしまった場合 不倫相手との子どもを妊娠してしまった場合、どうすればい...

  • 共有財産と特有財産とは

    共有財産と特有財産とは

    「財産分与の対象となる財産は、具体的にどういったものがあるのだろうか。」 「結婚するよりも前から保有し...

  • 養育費

    養育費

    養育費というのは、子どもを養育するために必要となる費用のことであり、一般的には、離婚後、未成年の子を引...

ページトップへ